言の葉の一滴
会場アンケートにご協力くださいましてありがとうございました。
お客様からのご質問に、劇団員がお答えします。
 ◇史香役の方はいくつぐらいの方なのでしょうか?


現役女子大生です(汗)。でも、『小学生っぽく見せよう』ってのは意識しませんでした。この多感な時期に何を考え、何を感じ、それに対してどう行動するのかなあって想像してみました。過去の自分を振り返ったり。大人より経験値がないぶん、たくさん頭を使うんだなあって思いました。私自身、この頃は今よりもっと頭よかった気がします(汗)。そんなことを考えてたらしぐさとか自然についてきました。なんか不思議・・・。by大久保真弥
 ◇アドリブで演じることはありますか?


アドリブは特にしないです。台本にそって感情を作って、役を存在させようと練習してきているので。するとしたら、セリフのない時の動きや口パクのセリフかなぁ?でも、こういうのも本番前にはだいたい決めちゃいますよ!by宮崎乃維
 ◇人物のクセと役者本人の癖についてどう思いますか?
見ていて悪い意味で目につくのが役者本人の癖でしょうか。逆に、その人物を演じているときにだけ、綺麗にはまる癖が出ていれば、役柄に深みが増す気がします。意識的につけてみようとしたこともありますが、力不足ゆえうまくいったためしがないですね…奥が深いです。by川桐名月

役に深く寄り添っていれば、その役なりの癖は自然と身に付いてくるものだと思います。役者本人の癖が抜け切れないのはまだ十分に役に寄り添えていないとも言えますが、逆にがんばろうと力んでしまうときに限って自分の癖が出たりするので、難しいところですね。by松田凛
 ◇松田さんはいつ寝てるんでしょう。


寝ないと耐えられない体質なので、遅くても2時までには寝ていますよ。公演直前はなかなかそうもいかないのですが^^;)。あとは基本的にいつでもどこでも眠れるので、移動中などわずかな時間にころっと熟睡しています。by松田凛
 ◇自分がこの世に生まれたのはなんでだと思いますか?
高校生の頃によく考えていた疑問です。でも、今もよく分からないです。ただ、この世に生まれたからには、私が受け継いできたものを誰かに引き継げたら素敵だと思います。そのためには、やっぱ自分自身が成長していかなきゃ!と思っています。by宮崎乃維
うーん、なんででしょう?(笑) 僕は何らかの期待を背負って生まれてきたと思っています。親族の期待や希望もそうですし、もしかすると神様から使命をもらったのかもしれません。今後の人生にまだまだ理由が隠されているかもしれません。なので僕は、『なぜ生まれてきたのか』という問いを考えるよりも、『どうすればこの世で自分らしく生きれるか』ということを考えながら生きたいと思っています。この世に生まれてきた証を一つでも残せれば本望です。by荻幸司
 ◇舞台を前にして全体練習は何時間ぐらいやるのですか?


およそ3ヶ月前ぐらいに本ができて、1ヶ月本読みをしてキャスティングを決め、2ヶ月の稽古で仕上げるというのがだいたいの流れになっています。今回は特に出演者が多かったので、全員そろう機会がなかなかありませんでしたが、大勢出るシーンは日にちを決めて集中的に稽古をしました。あとは、通しで全体のバランスやペース配分を見る稽古も重要です。by松田凛
 ◇自宅ではどのようなトレーニングをしていますか?


台本を読んでは、声に出す。声にだした気持ちと役の気持ちを照らし合わせるなどなど。役作りでは、ネットが大活躍してます。今回は特にその筋の人を調べたり、例のぶつの購入ルート確認したり。ネットって何でもできるから、結構恐ろしい。by水野秦
 ◇発声で日常から意識していることは?
普段ものすごく意識しているわけではありません。でも、もともとあまり声が大きい方ではないのと、声を使う仕事をしているので、やっぱりちょっと気を付けているかな。伝えるべき人みんなに聞こえる音量、こもらずにはっきりと聞こえる声質になるように。私は息っぽい声になりがちなので、芯のある声を前にとばすように心がけています。by青木晶子
うぅ…発声の質問;; 今僕が一番足りないと言われているところなので頑張らねばと思っているところです^^; 日常から…ですか。うーん、人によってはいつも腹式みたいな人も多々いる劇団ですけど(?)自分は普段めちゃくちゃ胸式だし…。しいていうなら腹筋、ですかね。最後まで音を操りきれるかって腹筋次第だと思うのでダイエットも兼ねて腹筋には力を注いでます(!?)by小林悠人
 ◇一番緊張するのはいつですか?
正直あまり自分で緊張していると感じることはありません・・・。多少の緊張感はありますが、それはスグに高揚感に変わって楽しくなります。でも、テンションが上がりすぎて自分の知らないうちに力んでいることは度々あります。それが、良くも悪くも緊張しているという表現になるのかなぁ。その緊張感を楽しむことも面白いですね。by荻幸司

あまりしないです。あえていうなら、直前の抜きでとちったシーンがあるまま通しを迎える時でしょうか。by川桐名月
 ◇芝居を続けていける力・言葉ってなんですか?
いい芝居を追い求める力、かな。それを支えているのが、何といっても芝居が好きなこと。そして、一緒にいい芝居を創ろうとがんばる仲間がいること、仕事と芝居が両立できる環境と周囲の温かい協力があることです。言葉は・・・仲間との「いい芝居にしたいね」とか、お客さまの「思いが伝わってきたわ」という励ましの言葉でしょうか。by青木晶子

みんながあらゆる方向(スタッフ、役者 etc..)から関わり、ひとつの芝居を完成させる結束感。役として色々な人生を表現できる楽しさ。みんなで稽古後に飲むビールやみんなで打ち上げで飲むビールも、もちろん力になってます、はい。by水野秦
 ◇まやさんの髪型、美容室でどんなふうに頼んでカットしてもらったんですか?


『小学生カットで!!』とお願いしました。それを聞いた美容師さんは目が点になってました。ですが、こんな突拍子もないお願いにしっかりと答えてくれました。私の中のspecial thanksですっ!!by大久保真弥
 ◇今回の役にあたって苦労したことはありますか?
正直最初は苦労というかプレッシャーがとても強かったです。今こうしている間にも実際に限られた命を精一杯生きていらっしゃる方やそのご家族の方たちがいる。その方たちに対して失礼のないものをお見せしなければと思っていました。そしてその事がただの驕りにならないように気をつけました。肺がんという病になり突然身近になってしまった「死」というものに対し、どのようにアプローチしていくか。本を読んだりして自分なりの『死生感』というものを少しずつ形成していきました。拒絶から受容へ。遺恨から感謝へ。最初の頃はこの通りに気持ちが落ちてこないことに本当に悩みました。今思えば稽古の終盤まで本から吸収した情報を無理矢理型にはめようとしていたように思います。でも敏樹の人生を共有し、彼の物語の終らせ方を決めるのは自分であり、そのヒントは本ではなく自分の中にあると考えるようになりました。そう思えるまでに本当に時間が掛かってしまったことが今回一番苦労した点、だと思います。あとはインフルエンザになっちゃった事かな;;by小林悠人
Copyright(c)2002−2008 kikyu-keikaku, all rights reserved.